さきざっき

おさきの雑記ブログです。

2.5次元舞台ってどんな舞台?気をつけたい観劇マナー

こんにちは、おさきです。

 今回は、2.5次元舞台について話したいと思います。

近年、刀剣乱舞の「刀剣男子」が音楽番組に出ていたり、テニスの王子様(テニミュ)の出演者が、テレビで活躍していたりと盛り上がってますよね。

 

「どうせ女性の趣味」なんて思ってませんか?いいえ、そんなことはなく、男性のファンも最近は増えているんですよ。

そんな2.5次元舞台ですが「なんだ2.5次元って」や「いってみたいけど勇気がないの…」という方のために少しでも興味をもっていただけるように、説明できたらな~と思います。

 

では、いってみよ~!

 

 

 

 

2.5次元舞台って??

 

f:id:osaki14:20190714140208p:plain

 

 

 

ここでは、まず2.5次元の舞台は、どんなものなのかについてふれていきます。

舞台といえば、やっぱり【宝塚】や【歌舞伎】などちょっとセレブでマダムなイメージのものを想像しませんでしたか?

私も最初はそうだったんですが、実際は違うんです♪

 

2.5次元というのは、アニメ実写映画も枠のひとつです。

結構、最近流行ってますよね。TUTAYAとかにずら~っと並んでますもんね。

銀魂とか。

まあ、興味が無い方の大半は「コスプレでしょ?!」と思われているかと思いますが、私はあくまで「衣装」と思っています。

中には「ホンモノ!!!!」という人もいますが、楽しみ方は様々なのでいいかなと。

 

2.5次元舞台は、アニメや漫画の作品を元にしたお芝居です。

この記事を読んでる読者さんにも、好きなアニメや漫画があるんではないでしょうか?

その作品ももしかしたら、2.5次元舞台になってるかもしれませんよ。

中には、キャラクターの声を演じてた声優さんが、舞台でもそのキャラクターを演じるキャストさんになってたりすることも…

 

代表的な2.5次元舞台は、テニスの王子様や刀剣乱舞などでしょか。

(セーラームーンもそうですね。)

 

 

 

2.5次元について、なんとなく「こんな感じなのか~」と思っていただけたでしょうか?

次は、気をつけたいポイントについて触れていこうと思いますが、なぜ注意から始めるのか?だけお話しておきますね。

 

理由は簡単で、1人の些細な行動や認識不足が原因で、楽しい時間が楽しくないものになるのは残念だな~と思ったので記事にしました。

 

 

気をつけたいポイント!

  • 持ち物
  • 服装
  • 観劇中
  • 観劇後

超初心者向けです。

 

【持ち物】

オペラグラス(双眼鏡)

持って行って間違いの無いアイテムですが…使用の際は、前後左右の人に気を使わないといけないので要注意です。

小型で重くないものがオススメです。

 

痛バ

“持って行ってはいけない”物ではありませんが、会場内には持ち込まない方が無難でしょう。

何故なら、観劇中にずっと膝の上に置いているわけにはいかないですし、足元に置いておく時に、万が一大事な推しが落ちてしまっても、暗転(会場内が真っ暗になる瞬間)まで待ってることが出来ればいいですが、前の席まで転がってしまい演技中に前かがみになることは後ろの座席の人に迷惑になるので、避けたいですよね…ましてや座席を立つことになったり、我慢して終演後まで待てればいいですが、足元が暗いため他の人に踏まれてしまったり…そんな事を避けるべく、カバーがついていたり、しっかりつけてるとは思いますが、座席に着く前に、コインロッカーにいれておくことが無難でしょう。

キャストへのアピールで小さめのぬいぐるみを持っている人もいますが、こちらも周りからはいい印象ではないので、お留守番させましょう。

 

ペンライトやうちわ

 ライブやコンサートではないので、観劇であれば持っていく必要はないです。

 終演後にミニコンサートがある舞台もあるので、そういう舞台であれば持って行った方がいいですし、物販で販売してることもあるので、終演後のコンサートの有無については、お友達に聞くか公式サイトにてチェックしてみてください。

 

【服装】

コスプレ

こちらは、言われなくても…ですよね。

推しのイメージカラーを取り入れるのは大丈夫なので、推しの色でおしゃれしてくださいね。

特殊な服装

舞台によって、雰囲気に合わせた服装で来る人をみます。とっても楽しみだったんだな~と思います。そこで、よく見かけるのが“着物”や“浴衣”です。

帯の都合で座席の背もたれに背中がピッタリくっつけられないようなこともありますので、帯の結び方には注意してください。

禁止ではないのですが、着用される場合は、背もたれに背中がくっついても問題ない帯の結び方などを調べみてください。

また、ロリータファッションの女性も注意です。

ふわふわなスカートも大きめな劇場といえ、座席は狭めなこともありますので、いつもより控えめなボリュームにしておきましょう。

髪型

服装ではありませんが、髪型にも注意してください。

高すぎる位置でのポニーテールや、お団子。

ロリータファッション特有のツインテールやもりもりな髪型。

また、劇場内に入り座席についたら、帽子やカチューシャは脱いだり取ったりしておいてください。

 

 

【観劇中】

持ち物、服装のところでも話しましたが、前後左右のひとには気をつけてください。

あとは、自宅で映画を見ているわけではありませんから、お菓子を食べたり、飲み物を飲んだり、お友達とお話をしたり、携帯の電源を切り忘れてしまったり(時間を気にして時間の確認をスマホでするなど)には注意しましょう。

そして、お待ちかねのキャストが舞台上に姿を現しても「きゃ~!○○~!」みたいな歓声はNGです。

近くを通っても、手を伸ばしたりもしちゃダメですよ。

 

【終演後】

完全に終わって劇場内が明るくなったら、座ってる座席にもよりますが、会場内は大変混雑しますが、出来るだけ速やかに退席しましょう。

ロビー内でのおしゃべり、待ち合わせも避けましょうね。

それと、キャストの出待ちもしたらダメです。

直にプレゼントを渡そうとする行為や話しかけたり、駅まで尾行などもしないでくださいね。

見かけたとしても、そっとしておきましょう。

 

結構当たり前の事を書いていますが、意外と多いんです。

あとは、ルールが多すぎ!疲れちゃう!なんて思いませんでした?

そんな事ないですよ。

上演時間は楽しくてあっという間ですし、じっと座って楽しんでればいいのです。

一度観劇してみて辛いと感じたら、ニコ生やライブビューイングなどを利用するのもいいかもしれません。

 

最後に…

私も“はじめて”のときは、ガッチガチに緊張して、ネットで検索したり友達に聞きまくたっりしました。

やっぱり、はじめては不安が多いですよね。

今回は、割とネガティブなイメージになりましたが、意外と「こんな迷惑客みたよ」とSNSで見かける割に、どこを対策したらいいんだろう?とかどんなのがダメなんだろう?とか分からないことばかりだったり…。

基本的に公式サイトを参照しても分からない場合は、観劇経験のあるお友達に聞くのが一番です。

未経験同士での観劇のかたに役立ってくれれば…と思います。

私も年に数回、観劇に行きますから、自分自身の観劇マナーを見返すいいきっかけになりました。

 

f:id:osaki14:20190523084907p:plain

普段は演劇中心でも、しめくくりとして、劇中で歌われてる歌をつかってコンサート形式で楽しませてくれる2.5次元舞台もありますから、その時は存分に楽しんでください。

もちろん、このときはペンライトやうちわを持って大丈夫であれば、持っていきましょう。

ぬいぐるみや痛バは、お留守番させてあげるほうがいいとは思いますが…。

今度は、2.5次元のコンサートバージョンのマナーなどについてかけたらいいな~なんて思います。

 

少しでも観劇初心者の方にとって、この記事が少しでも役立ってくれることを祈って…。

素敵な観劇ライフをお過ごしください♪

 

 それだは、また。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村