さきざっき

おさきの雑記ブログです。

一番長くやっていた【アルバイト】は自分の為になったのか?

こんにちは、“専業主婦”のおさきです。

 

独身の頃は

「バイトするのいやだな~」

「仕事したくない・・・早く終わらないかな~」なんてことずっと思ってました。

 

専業主婦になった今は、刺激が少なすぎて、パートに出たいわ~。なんて思うように・・・。

 

独身時代の私は、アリとキリギリスでいうところの“キリギリス”だったわけですが、過去に一番長くやっていたアルバイトは、実際に身についてるのか?という疑問を感じたので、書き起こしてみることにしました。

 

 

 

 

どんなアルバイトをしていたのか

f:id:osaki14:20190714140557p:plain



私は、少なからず5年間はクリーニング屋さんでアルバイトしてました。

他は、接客業メインで時には派遣をしていました。そんな普通のバイト履歴です。

 

 

どうしてクリーニング屋さんだったの?

特に理由はなかったです。

「家から近い」

「暇そう」(当時は、失礼なこと思ってましたが実際は違いました)

ですが、私にとって大きな利点だと感じたのは基本1人で店番できるということでした。

私は、あまり人付き合いの良い方ではありませんでしたし、人の陰口とか聞かされるのも嫌だったし、同年代の女の子や男の子と一緒にいるのがストレスだったので、良い条件だなと思ったわけです。

(コミュ症ってやつですね~)

 

クリーニング屋さんのお仕事

f:id:osaki14:20190529193722p:plain

私は、受付に立って、“預かり”と“お返し”をしていました。

預かり→お客さんが持参した品物を検品して、お会計する。

(預かった品物に伝票順の番号のタグをつけたりもしてました。)

お返し→お客さんの品物をお返しする。

それに付け加えて

セットする→工場から仕上がった品物を検品したり、伝票とタグか同じかチェックしたあと、同じお客さんの品物とまとめる。

 

基本的にこの作業がメインでした。

覚えちゃえば、簡単にこなせる作業です。

 

やっていてよかったこと
  • 1人で店番が出来る
  • たまにお客さんのおばあちゃんが差し入れとかくれる
  • 断りなしでトイレとかいける
  • 冷暖房を自分にあった温度に出来る
  • 自分で取ったオプションが丸分かりなので成績がやる気に繋がる
  • 自分が好きなお客さんが出来る(顧客的な感じで)
  • クリーニング屋さんに勤めてることで、衣類に詳しくなる

結構不真面目よりな意見になってしまいましたが、本当なんです。

 

やっていて悪かったこと
  • 全ての責任は自分にあるので、責任重大
  • スタッフ同士のおしゃべりが出来ないので孤独感を感じる
  • クレーム処理も一人でこなさなくてはいけない
  • 引継ぎが曖昧だと作業中困ることもある
  • 休日たまにスタッフから電話があることもある
  • 血や吐瀉物、カビが生えた衣類を持ってくるお客さんもいる
  • ある程度、自由ではあるがシフトが組みにくいと感じることもある

結構ストレスになりかねない問題もありました。

鼻血、吐瀉物、カビ系の衣類に触るのに抵抗を感じました。

 

良いところ悪いところは個人差がありますが、私はこう感じてました。

良いところは、ほとんどが個人的な内容でしたので、他の人はメリットに感じないかもしれませんが、1人で店番したことのある人ならなんとなく思い当たるところもあると思います。

悪いところは、挙げきれないですが私が一番キツかったのは、吐瀉物などの受付です。

なんと言っても「汚い」とも言えないので・・・。

皆さんも仕事といえ、イヤじゃないですか?それと同じですね。

 

クリーニング屋さんで学んだこと

特に私が“学んだ”ことは、責任感です。

何より、今までは“誰かがカバーしてくれる”なんて思っていたりしていました。

ですが、1人で店番してるとそうはいきませんから、“しっかりしなくては”と思うようになり、それからというもの他のアルバイトをしたとしても、責任感をもって取り組むことができました。

クリーニング屋さんでなくても、学べるんじゃない?と思いますが、私はクリーニング屋さんで働いてなかったら、きっと責任感を持つことが出来なかったんではないかな…。

口だけの責任感はありましたけど、本当の責任感をもつという意味がわかりました。

 

最後に・・・

結果的に、私の身になったかというと、身についたのではないでしょうか。

クリーニング屋さんに出す前に、気をつけたりしようと思えるようになりましたし、買った服も大切にしようと思えるようにもなってきました。

お客さんに怒鳴られたこともありますし、家まで届けに来い!とか言われたこともあります。

今となっては、どれもいい?思い出なんですけど、当たり前のように、凹んだ時もありました。

 

強い心と責任感という面では、自分の為になったと思いました。

技術面は、私はやってないので、プラスにはなりませんでしたが、工場見学など行くと参考にはなりました。

 

ただ“長く勤めてた”だけって思ってましたけど、振り返ると意外にも“為”になっていたんだな~と思いました。

皆さんは、長くやっていたアルバイトを通して、為になったことや経験はありますか?

是非、振り返ってみてください。意外と出てくるかもしれませんよ。

 

 余談ですが、意外とトラブルになりやすいことなので1つ・・・ワイシャツやブラウスのボタンって何度もクリーニングしているものは、割れてしまうこともあるので、店舗にもよると思いますが、洗濯タグの近くにあるボタンと付け替えて欲しいと言えば、無料で付け替えてくれるかもしれないので、店員さんに相談してみてください。

 

 

それでは。