さきざっき

おさきの雑記ブログです。

ぬりえを塗ると意外といいことがあるって本当??

こんにちは、おさきです。

 

突然ですが、私は家にいて暇な時は、基本的にブログに使えそうなもの探しや、クラウドソーシングでアンケートやったり、アプリゲームをしてます。

 

そんな私は、不器用なくせに“ぬりえ”がすきなんです。

(最近は放置気味・・・)

絵を描くのも好きなのですが、ぬりえの方が楽しく感じてます。

今回はここ数年で、ぬりえって急成長をしたと感じたので、私が、実際に遊んでみて良かったことや悪かったことをまとめていこうと思います。

 

 

 

 

 

ぬりえの歴史

ぬりえの始まりは、江戸時代で挿絵が起源だそうです。

明治時代になると“教育”の中で用いられたのが現在のぬりえのルーツになったといわれています。

 

明治時代あたりからは“教育”というだけあって“子供用”なイメージが定着して、今に至る感じなんでしょうか。

 

最近では、コロリアージュとオシャレな名前に・・・。

コロリアージュはどうやら、フランス語のようです。

(おフランス・・・オシャレなわけだ)

 

 

ぬりえは“子供”だけのものじゃない?!

白い紙に、黒い輪郭に好きな色を塗れて、絵心がなくても気軽に作品になるのが、魅力のぬりえですが、どうしても“子供向け”という印象が抜けませんよね。

ですが、近年そんなぬりえも大きな進歩を遂げています。

 

では、子供用と大人用のぬりえを比較してみましょう。

 

 

f:id:osaki14:20190714140706p:plain



こちらが、みなさんの想像してるぬりえなんではないでしょうか?

一般的なイメージのぬりえであり“子供用”です。

 

次に、“大人用”を見てみましょう。

イメージは変わるのでしょうか?!

f:id:osaki14:20190714140728j:plain



塗るところが細かくなって、少し複雑な模様になりました!

これは、正真正銘の“大人用”です。

子供用と見比べて、難易度はグンっと上がりましたね。

 

これで、子供も大人も楽しめるのがわかりました♪

 

難易度が高すぎるな~なんて思った人は、自分にあった難易度のぬりえを探してみてください。

 

ぬりえで得られる効果とは?!
  1. 集中力が上がる
  2. 色彩感覚が上がる
  3. 指や手先を使うのことから筋肉の発達
  4. 達成感や自信を得られる
  5. ストレス発散
  6. リフレッシュ
  7. 認知症予防

などがあげられています。

結構、大人やお年寄りの方には必要かもしれないと思いますね。

 

ぬりえをどんな風に塗ろうとか、この食べ物や乗り物は何色だったっけ?と記憶をたどって塗ることで、脳が活性化されていいでしょうね。

 

ぬりえでリラックス

f:id:osaki14:20190531091539p:image

 

 そんなに長い時間打ち込むのではなく、30分~1時間程度を目安に取り組むことが効果的らしいのですが、自分が疲れない程度の楽しみ方を見つけて、取り組んでみてください。

そんな、私は1ページ完成させる!と打ち込んでしまうタイプです。

一気に1ページではなく、昼に少し夜に少しなど・・・。

 

塗ってる最中は、余計なことを考えずに打ち込めるので、リラックス出来ます。

絵柄も、単純すぎると満足できないこともあるので、簡単すぎず難しすぎない中間のものを選ぶといいですね。

 

ぬりえで実際にリラックス効果を感じたのか?

リラックス効果を感じてました~!!というと少し信憑性がないので、ここは私なりの言葉で表現させていただくと・・・

時間があっという間にすぎていったですかね。

無言で打ち込んでるので、集中しすぎなんでは?逆に疲れない?と心配されそうですが、余計なことを考えないでいられることにリラックスしてました。

 

みなさんも、マッサージなどのリラクゼーションを提供しているお店で「今日の夕飯何にしよかな~」とか「そろそろ帰って洗濯物取り込んでおかなくちゃ・・・」とか「明日の仕事には何を着ていこうかな・・・」考えられますか?

そんな事を忘れて、うっかり居眠り・・・なんてことも珍しくないと思います。

 

なので、時間があっという間に過ぎていったことは、リラックスしていた結果なのかな?と実感しました。

 

いいところ
  • リラックス出来た
  • 集中出来る
  • 絵心がなくても作品を完成させられる
  • チャレンジ精神が養われる気がする
  • 達成感を感じれる
  • 絵柄の種類がたくさんあるので次はどれがいいかな~と選べる
  • 100均の商品で始められる

などがあげられます。

個人的に遊んでいて良かったことです。

最近のぬりえは、100均にも置いてあるのでお手軽に始めやすいです。

 

わるいところ
  • 集中しすぎて疲れる
  • 肩こり
  • 色んなアイテムが欲しくなる
  • こだわりが出てくる
  • つい何枚もやってしまう

です。

始めた頃は、楽しすぎて何枚も塗ってしまい、結果疲れて肩こりに・・・なんてこともありました。

それに「ここはこんな風に塗りたかったのに!」なんてこだわりが出てきたり、今日はお花を塗ったから今度は女の子が塗りたいな~とか12色じゃ足りないから36色の色鉛筆が欲しいかも・・・など結構、コレクター精神に近い部分が出てきてしまいました。

 

私は、近所のイオンで旦那にクーピー60色のやつを買ってもらったんですが、なかなか思うように扱えなくて、調べたところ・・・クーピーは文房具ではなく玩具と知って、驚きました。

リサーチも必要なんですね・・・そんなクーピーも私は好きなので、これからも使っていこうと思いますが・・・細かいところを塗るのが難しいので、色鉛筆も欲しいな~なんて思ってます。

 

 

まだまだある?!ぬりえの楽しみ方

実は、ぬりえって“塗って楽しむ”だけと思っていませんか?

いいえ、それだけではございません。貯金も楽しんで出来ちゃうんです。

え?貯金??と疑問に思われた方に説明します♪

 

貯金した金額を1~365まである中から探して番号を塗るといった感じの貯金方法です。

f:id:osaki14:20190614104319j:plain

こんなやつです~☆

画像は、我が家のぬりえ貯金です。

365日がキツいようであれば、200日から初めてみるのもいいかもしれません。

インスタなどでも話題のぬりえ貯金だそうで、本などもあります。

我が家もこの春から、夫婦でチャレンジしています。

この絵柄ではありませんが、実践中でただいま2~3万円程度貯金が貯まりました!

無理なく貯められる上に、完成が楽しみになるので、あれだけ億劫だった貯金も楽しんで出来ています。

 

365日貯金なら総額6万6795円貯まっちゃいます!

旅行に行こうか、自分にご褒美買っちゃうか、新しい家電を買うために・・・なんて目標を立てて取り組むことをオススメします。

我が家は、とりあえず貯金なので二人のためになることに使おうと計画しています。

 

まとめ

子供用なんて少し大人が夢中になるのは、幼稚すぎる恥ずかしいなんて思ってた方の印象はけられたのではないでしょうか?

ぬりえは実は全年齢で楽しめるアイテムだったんですね。

f:id:osaki14:20190714140802p:plain



お年寄りがいる家庭なら、認知症予防に取り組んでもよし

(デイケアでもぬりえをする時間があるそうです)

子供がいる家庭なら、教育として

パパ・ママは自律神経を整えたり、リラックスとして・・・

家族でやると家庭の話題が増えるかもしれないですね。

作品発表会とか出来たら楽しそう~♪

独身の方も恋人や友達同士で報告しあえたら素敵ですね!

朝活なんかにも取り入れてみたらいかがでしょう?

 

最後に・・・

実際にやってみて、ぬりえの奥深さを感じて楽しんでます。

最近は、スマホアプリでぬりえが出来ることを知り、そっちばかりで遊んでますが、自分で好きな色を塗れないところが少しつまらないんですよね~。

やっぱり、自分で塗ることが大切なようです。

上手く塗れない、思った感じの完成と違ったなど、色々悩みはありますが、次はこうしようと思えるので向上心が止まりませんし、満足いく作品が仕上がると何ともいえない気持ちになるので、皆さんにも是非味わってもらいたいです。

 

難易度の話を何度も記事内でお話していましたが、私はこんな感じのぬりえを塗っています。

f:id:osaki14:20190606121807j:plain



 

映りはあまりよくないですが、私の作品です。

背景にまだ余白があるのが納得いってないんですが、個人的に色合いは気に入ってます。

作品の自己評価はさておき、私がやっているぬりえは完全女児向けです。

でも、結構ドレスとか難しいんだからね~。

 

キャラ物がすきなのもあるので、子供向けが多いですが、色鉛筆を買ったら、100均で買った大人向けぬりえの“癒しのぬりえ(マリンライフ)”にも取り組んでみたいです。

 

自分にあったぬりえで、みなさんも日々を彩ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは。