さきざっき

おさきの雑記ブログです。

今日から使える?!ある“忍術”教えます!

こんにちは、最近は“柿の種”にハマっているおさきです。

梅ざらめ味が本当に美味しくて、つい手が伸びてしまいます。

 

そんな今日は、少しマニアックな記事になると思いますが、お付き合いください。

 

 

タイトルをみて頂いてわかる通り、日常で使える忍術の話をします。

 

f:id:osaki14:20190602220505p:image

 

 

 

日常で使える“忍術”とは?

“忍術”ご存知ですか?

みなさん、忍術と聞いてフフっと笑ってしまったのではありませんか?

漫画や映画の世界のものだと思ってしまいますよね。

いいえ、実はそんなことはなく実際は地味なものなのです。

(漫画や映画のものと比べたら・・・という意味で)

もしかしたら、みなさんも忍術と知らずに使っているかもしれないです。

 

みなさんが想像している“忍術”は、忍術ではなく“忍法”なのです。

忍法と忍術の差は、このようになっています。

 

忍術→忍者が使う術

忍法→架空の術(影分身の術など)

こういう感じらしいです。

忍法はフィクションということですね。

 

 

 

 五車の術(ごしゃのじゅつ)

この術は、話術になります。

会話に取り入れて、相手の心理をつくものです。

もしかしたら、無意識に普段から使っているのではないでしょうか?

 

f:id:osaki14:20190603090803p:plain

喜車の術(きしゃのじゅつ)

相手をおだてて、隙を作り、狙う術。

 

哀車の術(あいしゃのじゅつ)

同情を誘う術、情に厚い人に有効な術。

 

恐車の術(きょうしゃのじゅつ)

恐怖心を抱かせ、戦意を喪失させる術。

 

楽車の術(らくしゃのじゅつ)

羨ましがらせたりして、戦意を失わせるだけではなく、相手を味方につけることも出来る術。

 

怒車の術(どしゃのじゅつ)

相手を怒らせ、冷静さを失わせる術。

 

使い方や例など・・・。

話術なので、みなさんも無意識に使っているこの“五車の術”ですが、どんな場面で使っていたのだろう?と思いませんか?

そんな方の為に、例を挙げてみました。

 

個人的に、五車の術使いだと思うのは・・・ママさんだと思います。

子育てには、喜車、哀車、恐車の術が使えそうです!

早く寝ないと、オバケが出るよ~とかよく子供の頃に言われたものですが、きっとこれも恐車の術だったんでしょうね。

 

他にも、羨ませて(戦意は失わせなくとも)仲間にしちゃう“楽車の術”は、全年齢で使われてそうじゃないですか?

例えば、クラスの人気者と仲良くなりたかったとして・・・新しいゲーム買ったんだよね~とかいって、遊ぶことが出来たなら、その子と一気に距離を縮めることが出来るじゃないですか?

 

様々な場面で使うことが出来る五車の術はとっても面白いと思います。

良くも悪くも使える“忍術”ですから、みなさんは良い忍術の使い方をしましょう~。

 

最後に・・・。

普段から何となく会話に“忍術”である“五車の術”を用いていたことがおわかりいただけましたでしょうか?

忍術を使っていると分かったら、話すのも楽しくなりそうですね!

パパやママなら子育てに使えると思いますので、五車の術を上手く取り入れ、あなたも五車の術マスターになっちゃいましょう~!

そんな私は、ひきこもりなので、旦那にしか使えない上に、素質がないのか全く影響ありません。なんでー!!

 

あ、でも哀車の術などは、頻繁に使ったらダメですよ~。

遊びたいが為にバイト休みたいそんな日ありますよね・・・そんな時にうっかりお母さんの体調が悪くて・・・とかいって休んでしまうのも考え方によっては、哀車の術だと思うのですが、頻繁にこの手の使い方は避けた方がいいかもしれないですね。

忍術ではなく“嘘つき”になってしまうので・・・。

 

普段から使っていた忍術、いかがでしたか?

うそ?!何気なくしていたことが忍術だったなんて・・・と発見になったのではないでしょうか?

 

意外と、まだまだ生活に隠れてる“忍術”があるかもしれないですね。

また見つけたら、記事にしてみようと思います。

 

それでは。(ドロン)