さきざっき

おさきの雑記ブログです。

誰の心にも潜んでいる?!あのオバケとサヨナラする方法!

こんこちは、昨日はぬりえに没頭しすぎてブログの更新まで手が回りませんでした。おさきです。

 

ツイッターでは「やるやる」いってたのですが、楽しくて手が止まらず、結局気付いてら深夜になってたのでやめました。

 

今度は、更新してからぬりえにしたいと思います。

 

それでは本題にいってみましょう~!

 

 

 

もったいないオバケとは?!

f:id:osaki14:20190609131738p:plain

捨てられない、買えないなどの行動が“もったいなくて”出来ない状態の人を言います。

言いますっていうか、そう個人的に呼んでます。

 

これ、いつか使うから~とか

まだ、少しシャンプー残ってるしな~とか

賞味期限過ぎてるけど食べれるだろう・・・とか

 

様々なシーンで潜んでる“もったいないオバケ”なわけですが、みなさんは思いあたる節とかありませんか?

私は結構ありますが、食べ物についてはないです。

1日でも賞味期限切れのものは食べません。

え・・・もったいないって思いました?でも、私は食べません。

 

 

もったいないオバケにはジャンルがある?!

さきほど一日でも賞味期限が切れのものは食べません。と私は言いましたが・・・理由がちゃんとあるんです。

食べ物を粗末にしてるわけではなく、その日に食べきれるものしか買わないというのがポイントなんです。

あと、賞味期限切れのを食べて、万が一身体に不調が出て、病院にかかろうものなら通院費がかかりますよね?

そっちのが、食べ切れなかったものの値段より高い・・・こんなお財布に良くないことなんてありえない・・・。

 

そんなんで、私は、食べ物関係については“もったいないオバケ”になりません。

みなさんもきっと、もったいないオバケになってしまうジャンルがあるんではないでしょうか?

みなさんも思い出してみてください。自分が何系のもったいないオバケに憑かれているのか。

 

 

もったいないおばけとサヨナラするには?

f:id:osaki14:20190608144354p:plain

 

少し前まで、洋服が捨てられないタイプのオバケでした。

ですが、1年間1度も袖を通してないとか流行が過ぎたとか条件を決めて、大掃除をしたことがありました。

それでも“必要”と思ってるものが多かったんです。

今度は前回捨てられなかった“必要”なもののなかから“不要”を選びだす・・・というのを何回か繰り返してるうちに、部屋が少し片付いたんです。

 

もったいないオバケは、“変化”を嫌うようで、意を決して“捨てる”や“片付ける”に少しずつ慣らしていけば、考えが変わるのかもしれません。

 

捨ててばかりでは、着る服や使えるものがなくなってしまいますから、私は買ったら買った分だけ捨てる捨てた後に何を捨てたかメモして買い足す方法をとってます。

新しいものを買うために処分するという手段に変えたら、処分するのもツラくなくなりました。

 

つい、先日にプレゼントしてもらった、少しお高めな色鉛筆を“もったいなくて”削れなくて、無理やり細かいところを塗ってたりしてたんです。

ですが、あるぬりえが上手い方のブログを拝見したところ短くなった色鉛筆は、あなたがぬりえを楽しんだ証と書いてあり、これだ!と思い私もそう考えるようにして、昨日実践したら、最初は「あ~・・・削ってしまった・・・」と思ったんですが、ストレスなく細かいところが塗れるようになって「これは楽!!楽しい!」と感じ、2本目からは遠慮なくゴリゴリ削るようになれました。

 

もったいないオバケは考え方次第で撃退できるようですね♪

 

 

いいこと

では、もったいないオバケを退治したらどんないいことが待っているのでしょう?

  • 部屋がスッキリする
  • 達成感がある
  • お買い物が楽しくなる
  • 計画性をもてる
  • 無駄遣いがなくなる(気がする)

 

わるいこと

もったいないオバケがいるとこんな悪さも・・・

  • 部屋がゴミの山に・・・
  • 賞味期限を気にせず食べて体調が悪くなったりしたら、病院にいかなくちゃいけなくなる
  • 何となく出費が多い気がする
  • 計画性がなくなる
  • なんとなく疲れが取れない(気がする)
  • 気分が重い(気がする)

 

いいところとわるいところをあげてみましたが、(気がする)がついてるものは個人的な意見と体験してみて・・・のことなので、絶対ではありません。

「こんな変化がありましたよ~」程度に聞いてください♪

 

最後に・・・

もったいないオバケは、考え方次第で退治できるのが分かっていただけたでしょうか?

もったいないオバケを退治する=ケチくさくなるのではなく、必要な分を、必要な分だけと頭に教え込むのが大事なようです。

この考え方は、ダイエットなんかにも効果的かもしれません。

 

捨てる勇気をもてれば、買う楽しさを今までより感じれそうですね。

 

これをふまえて、私もぬりえをする時間をもっと楽しもうと思います。

 

それでは、また。