さきざっき

おさきの雑記ブログです。

【検証】ぬりえは塗り方で表情を変える?!

こんにちは、昨日は家の階段から派手に転落して、太ももの右側が集中的にアザが出来てしまったおさきです。

元気なので、ご心配なく~♪

 

今回は、ふと「みんな塗り方が上手くていいな~」とネットサーフィンをして思った私は、ある検証をしてみました。

 

それは塗り方で変わるのか?!ということ。

 

案外変わらないかもしれないし、またはすごいプロっぽく見えるかも・・・なんて思いながら、やってみました。

 

なので、その検証にお付き合いください。

 

 

f:id:osaki14:20190617101347p:plain

 

 

 

 

ぬりえは塗り方で表情を変える?!

 

それでは、まず準備するものを紹介します。

 

・ぬりえは100均のやつです。

・色鉛筆はユニカラー72

www.sakizakki.work

前回、レビューした記事もあるので良かったら・・・。

 

この2つがメインになります。

 

 

カタチから入るタイプの私は、SNSなど見て「みんな上手いな~・・・私はなんでこんなに上手に塗れないんだろうか・・・」と思ってたんです。

ぬりえと限らず、上手い人を見るとうらやましくなりますよね。

 

納得いかないと“楽しめない”ので、追求してみることに。

 

検証スタート~図案と色選び~

 

まずは図案はこれに決めました。

f:id:osaki14:20190617101354j:plain

真ん中のハイビスカスを塗っていきます。

今回は、完成が目的ではないので花しか塗りません。

 

f:id:osaki14:20190617101416j:plain

お花の真ん中のところはこの2色にしました。

オレンジ 506

イエロー 505

 

 

次に花びら

f:id:osaki14:20190617101411j:plain

この3色に決定♪

右から薄い順に並んでます。

ピンク 516

コーラルレッド 515

クリムゾンレッド 511

です。

 

ハイビスカスってこんな感じだよね~と直感的に選びました。

 

 

濃い色→薄い色へのグラデーション

まず、ユニカラーの良くないところである、ワックスが多めで色を重ねると紙がどんどんテカテカになり、色が上手く乗らないということが起こるんですが、この点を克服すべく、濃い色から塗るのがいいと、ネットで見かけたのでやってみました。

 

f:id:osaki14:20190617101358j:plain

暗くなるところを想像して、クリムゾンレッド511で塗ってみました。

内側から外に向かってサッサという感じです。

 

f:id:osaki14:20190617101405j:plain



クリムゾンレッド511の上に、コーラルレッド515を重ねて、最後にピンク516を薄く乗せて完成したハイビスカスがこちらです。

(途中の塗り方を撮り忘れてました・・・すみません。)

 

全体的に、赤っぽい印象になりました。

 

薄い色→濃い色

一番最初の濃い→薄いを覚える前は、ユニカラーでもこの塗り方をしていました。

普通というか、周りの人もこの塗り方をしてるに違いないと思います。

この塗り方のが個人的に好きなので、ユニカラーでもこの塗り方がしたい(出来ないわけではありませんが色が乗りにくくなる)

 

f:id:osaki14:20190617101421j:plain

ピンク516を全体に薄く塗ります。

 

f:id:osaki14:20190617101424j:plain

コーラルレッド516を中心から外に向かって端のピンクが残るように塗ります。

 

f:id:osaki14:20190617101431j:plain

今度は、クリムゾンレッド511を内側から真ん中まで塗ります。

色が濃くなる場所を想像して塗るのがいいかもしれません(影をイメージして)

 

f:id:osaki14:20190617101447j:plain

最後にまたピンク516で全体を馴染ませるように塗ったら完成です。

 

 

普通に塗ってみた

子供の頃、この塗り方してたな~と思い懐かしくなりました。

たまに無心になって塗りたいときに今もこの塗り方します。

 

f:id:osaki14:20190617101504j:plain

コーラルレッド515で縁取りしただけ。

 

f:id:osaki14:20190617101508j:plain

その上から、薄くピンク516を重ねて完成。

 

 

3つを並べてみた。

f:id:osaki14:20190617101512j:plain

上から、濃い→薄い

右下、薄い→濃い

左下、濃い色で縁取り→全体を薄い色

 

という感じになりました。

 

みなさんはどれがお好みですか?

私は、濃い→薄いのやり方が完成した感じは好きです。

立体感がありますよね♪

 

色んな塗り方で塗ると、こんなにも違いが出るもんなんだと分かりました。

 

結果

f:id:osaki14:20190617101512j:plain

 

 塗り方次第で表情は変わるようです。

もちろん、楽しみ方や好みは変わりますので、みなさんも好きな方法で楽しんでください♪

たまには、こんな塗り方してみようかな~なんて思ったら試してみてください。

逆に、「こんな塗り方あります」とか教えてくださる方がいたら、試してみたいので、ぜひ教えてください♪

 

 

最後に・・・。

人の作品を見て「なんで上手く塗れないんだろう」とか悩んでいた時期もありましたが、それも私の個性だったり、色鉛筆のもつ特性だったりもあるのかな?と思いました。

上手な作品を見ると「なんで?!」と思いますが、ぬりえは“楽しむ”ことが大事なのを思い出しましたし、なんだかんだで塗り方変えただけでこんなに“上手く見える”じゃんと思えました。

良い実験になりました。

お付き合いありがとうございました。

 

それでは、また。