さきざっき

おさきの雑記ブログです。

【白色の色鉛筆】の使い方が分かったので、実際にやってみた!

こんにちは、今日はひきこもりな1日を過ごしてます。おさきです。

 

午後から、雷と聞いたのに、むしろお天気になってきて驚いてます。

 

今回は、色鉛筆のセットに、必ず入ってる【白色の色鉛筆】ですが、イマイチ使い方が分からない上に、消費しないことで有名なあの一本・・・。

 

なんとかして利用出来ないものかと、調べてみた結果、使いかたが分かったので実際にやってみようと思います。

 

ちなみに、私のぬりえ歴は1年ですが、お休み期間の方が長いのでほぼ“初心者”と思ってください。

不器用な私でも出来たので、誰でも出来ると思います。

 

それでは、本題~!

 

f:id:osaki14:20190620090231p:plain

 

 

 

なぜ、減らない?あの色鉛筆・・・。

 

みなさんも経験あると思います。

「白色の色鉛筆ってどんな時に使うの?」って思った経験が・・・。

 

f:id:osaki14:20190620090214j:plain

ユニカラーの色鉛筆にも、当たり前ですが、白色入ってました。

この白色の色鉛筆は、ちょっとしたコツで“使えない”から“使える”に変わることが分かりました。

 

 

使えないと思われてしまう理由の多くが、白い紙に使うので、色が乗らないという理由があげられると思います。

12色セットの色鉛筆でも、ピンクやうすだいだいなどの薄い色が存在するので、わざわざ絵の具のように混ぜて使わないですよね。

 

使い道ないじゃん!って私も思ってましたが、この方法を知ってから大活躍で、大人のぬりえが更に楽しくなりました。

 

実験その1:馴染ませる

とっても簡単な使い方の1つ、馴染ませるという方法があります。

f:id:osaki14:20190620090239j:plain

まず、葉っぱを好きなように塗ります。

 

今回はしましまになってない方を馴染ませるので、少し筆圧を低めに優しく塗ることを意識して、濃い色→薄い色を重ねてみました。

 

では、この上から、白で馴染ませるとどうなうのでしょうか?

まだ、塗ったあと独特なザラザラ感は残ってます。

 

その上から、満遍なく白色を塗ってみました!

 

f:id:osaki14:20190620090211j:plain

葉っぱ違いますが、一番キレイに馴染んだのでこの葉っぱにしました。

 

お?思ったよりキレイに馴染んだかも!

 

やってみて思ったことは

濃い色はなるべく優しく塗って、白は馴染ませることを意識して塗るということですかね?

馴染ませることに意識し過ぎて、私はぐりぐりと塗りこんでしまいました。

 

色も全体的に白っぽくなり、優しい印象になりました。

ほんわかした感じです。

 

1枚目と2枚目どちらが好みですか?

 

難易度

この実験の難易度は“やさしい”でしょう。

子供でも出来ちゃう♪

全体的に馴染ませるだけでいいのは、簡単で嬉しいです。

ちょっとプロっぽいかも~なんて。

 

 

実験その2:縁取り

この方法は、さっきの馴染ませる方法とは別になります。

 

それではやってみましょう。

 

f:id:osaki14:20190620090242j:plain

真ん中のお花を使ってみたいと思います。

 

白で黒線の内側をなぞってみます。

f:id:osaki14:20190620090236j:plain

 

こんな感じで、紙を傾けて白が分かるように撮影してみました。

 

こういう風に、黒線の内側を白でなぞったら、白の線のなぞってない内側を意識して好きな色を優しくぬってください。

 

完成したのがこちら!

f:id:osaki14:20190620090207j:plain

薄紫と薄ピンクを使いました。

ぷるんとした感じ?ガラスっぽい感じ?に仕上がりました!

 

色のチョイスが悪かった・・・。

 

黒線の内側を、白でなぞることで、なぞったところに色が乗らないのでこういう仕上がりになるみたいです。

 

これはかわいいかも~!とテンションがあがりました。

 

難易度

難易度は“ふつう”です。

さっきの馴染ませるだけよりは、小技っぽいのでそう評価しました。

ですが、黒線の内側を白でなぞるだけなので簡単ですよね。

 

 

このやり方を応用すれば、シャボン玉とかも塗れちゃうかもしれませんね♪

更にグッと、楽しみが増えました。

 

結果

イマイチ使い方が分からなかった白色鉛筆でしたが、解決しました♪

馴染ませてよし、なぞってよし・・・そんなアイテムだったんですね。

 

2つともとても簡単だったので、今日から使えます。

上級者さんは、もっとすごい使い方するのかもしれませんが、初心者がこの技を覚えただけで、かなりぬりえが楽しくなると思いました。

 

最後に・・・。

 

誰でも出来るということに的を絞って2つの方法を紹介しましたがいかがでしたか?

私みたいな不器用なタイプでも可愛く塗れることが分かったので、今後もこの塗り方していきたいです♪

 

2つ目のやり方とかで、海の中の気泡とか塗るのも楽しくなっちゃいますね♪

 

 

余談ではありますが、前回この記事で紹介したハイビスカスの花が完成したのでお披露目させてください。

www.sakizakki.work

 

f:id:osaki14:20190620090219j:plain

じゃーん、この時は、まだ左側は白かったんです。

 

左側は、木彫り風?セピア?にしたくて左はこんな感じにしました。

f:id:osaki14:20190620090222j:plain

結構、印象変わりました~。

 

加工とかじゃないですよ~!

f:id:osaki14:20190620090226j:plain

左側、なんか渋いですね!

真ん中のハイビスカスをグラデーションで、セピアからカラーへ・・・のような感じにしました(失敗した)

 

どうやら葉っぱを塗るのが苦手なようなので、克服出来るようになりたいです。

 

こんなチグハグな塗り方も面白いと思いました♪

 

 

それでは、また。